成功できる大阪事業承継

   

大阪の企業のうち9割が中小企業です。その中小企業の多くが事業承継問題を抱えています。事業承継に失敗してしまうと会社が倒産してしまい、従業員は職を失ってしまうため、失業率が高くなってしまうという社会問題とも繫がります。一番の問題点は後を継ぐ人がいないということです。経営者に子供がいない、子供がいても本人が後を継ぐつもりがない、後を継ぐ人はいるもののまだ準備ができていないなど、後継者問題には様々な状況があります。
日本の高齢化に伴い、中小企業の経営者も高齢化になりつつあります。現在はなんとか経営を行っていても、この先いつまで元気な状態で経営ができるか分かりません。どれほど優れた経営者であっても、高齢になり以前のような判断力が維持できなくなります。事業承継を急いでいる企業が後を絶たないのが現状です。

事業承継にはどのような方法がるのか

まずは、親族内で承継する方法があります。かつては中小企業のほとんどがこの方法で承継していたのですが、現在では親族内であとを引き継ぐ方法を採用する企業は少なくなってきています。実は親族内承継は資産も相続などで移すことができるので、大きなメリットがありおすすめの方法ではあります。
次に親族外の従業員が承継する方法がありますが、資産などの問題があるので親族の合意が必要になります。また、引き継ぐ側は経営者になるつもりがないことが多いので、はやめに知らせて経営者として準備してもらわなくてはなりません。従業員も同僚だった人が経営者に変わるわけですから理解が必要になります。

後継者が見つからない場合はどうするか

後継者がどうしても見つからないという場合があります。その場合に考えられるのがM&Aという方法です。M&Aと聞くと良くないイメージを持っている人も一定数いますが、日本の場合は株式譲渡による買収がほとんどです。
適切な人材を経営者にすることができ、事業を拡大することも可能となります。しかしながら、全てのことにはリスクが伴うものです。M&Aも必ず良い方向にむかうとは言い切れません。失敗してしまうこともあるので注意が必要です。失敗の多くは情報が漏れてしまうことなので、ハッキリと買収先が見つかるまでは極秘に進めることでリスクを回避しましょう。そのためあちらこちらに良い買収先はないかと聞くことはできません。ものごとを上手く運ぶには、素人が一人でやるよりもプロに任せた方が安心です。やはり大阪でプロの仲介業者にお願いするほうが堅実と言えるでしょう。