大阪中小企業の事業承継M&A

   

株式譲渡とは経営者がもつ株式を買い取り側に譲渡することで会社の経営を承継する手続きを行うことです。株式の金額が支払われ、株主の名前を書き換えるだけで完了します。
中小企業の場合は筆頭株主と社長が同じケースが多いので問題なく行うことができ、企業自体は今までと特に変わることはありません。従業員にとってはそのまま務めることができるのでとくに困ることもありません。取引先との契約も今まで通りなので、売上の心配をすることもありません。手続きを行うに関して、株券を発券しているのか、株式譲渡制限があるのかどうかに関しては確認しなければなりません。

登記事項証明書を確認する

登記事項証明書で株券を発行するにラインが引かれていたら株券不発行会社です。現在の大阪中小企業のほとんどがこれに該当し、株主名簿に株主として名前が記載されれば譲渡は完了し事業承継されます。企業にとって好ましくない相手に株が渡らないように、株式譲渡に制限を設けていることがあります。この場合、株式を譲渡する際当社の承認を要するなどの事項があるので、それに従って手続きします。
取締役会を設けている企業なら取締役会で、ないのであれば株主総会で承認されなければなりません。株式を譲渡するときには一律20.315%の所得税がかかります。株式を取得した側は基本的には税金はかかりません。

大阪の事業承継M&Aコンサルティングに相談する

株式名簿に名前が記載されればよいとはいっても、事業承継を行うにはたくさんの問題点があります。マッチングにはあらゆる情報が必要ですし、資金が限られている場合金融機関などから資金を調達しなければなりません。そのため個人で事業承継を行うことは困難となります。専門の仲介業者にお願いすることが望ましいのですが、どこにお願いした良いのか迷ってしまうでしょう。なんといっても業界において様々な情報をもち、ネットワークがあるところが一番です。
M&Aを成功させるにあたってどのような問題点が起こるか分からず、そのときに早急に解決できる土台がなければ安心して任せることはできません。マッチングはとても重要ですが、それだけに焦点を当てるコンサルティング会社にお願いすると、納得のいかない部分が出てくる可能性があります。M&Aは企業が成長するために行うものです。そこを十分に理解して、一緒に推進してくれるコンサルティング会社を探しましょう。