仮想デスクトップとはどのような技術か

システムの利用者が使用する端末に必要最小限の処理を行わせて、プログラムの実行やデータの保存などの作業をサーバに集中させる方法のことをシンクライアントと呼びます。シンクライアントにはいくつかの方式が存在します。大きくネットワークブート型と画面転送型に分類することが可能です。画面転送型はさらにサーバベース方式、ブレードPC方式、デスクトップ仮想化方式に分類することができます。
ネットワークブート型はサーバに保存したファイルを利用者の端末にダウンロードして使用する方式です。端末のCPUとメモリーを使用し、周辺デバイスも利用すことができます。またWindowsだけでなくLinuxにも対応しています。画面転送型はOSやアプリケーションをサーバ側で実行します。画面出力だけが端末に転送される仕組みです。

シンクライアントの方式について

シンクライアントの方式の中で主流となっているのは、画面転送型のサーバベース方式とデスクトップ仮想化方式です。サーバベース方式はOSやアプリケーションを複数の利用者が共有することで、高いコストパフォーマンスを実現することができます。単一のOS環境を複数の利用者が共同で利用するため、企業の事務作業などに最適な方式です。
仮想デスクトップとはサーバの仮想化基盤に各利用者の仮想パソコンを置く方式です。仮想パソコン上でOSやアプリケーションソフトを起動して、その画面を利用者の専用端末に表示します。各仮想パソコンは個々の利用者のニーズに合わせて設定を変えることができます。そのため特殊なアプリケーションや特定の作業に特化した設定を行うことができるというメリットが存在します。

仮想デスクトップの技術を活用する

仮想デスクトップとはサーバベース方式とブレードPC方式の良い部分を組み合わせた仕組みです。サーバベース方式はサーバに集約された機能を複数の利用者が共有します。一方ブレードPC方式ではサーバではなく、PCブレードと呼ばれるパソコンのマザーボードと同様にCPUやメモリなどを備えるコンピュータを使用します。1人の利用者に1ブレードが割り当てられることになります。
仮想デスクトップとはサーバベース方式のように機能を共有することができ、ブレードPC方式のように個々の利用者の端末で機能を使用することができる方式です。仮想デスクトップの技術を活用することで、様々な端末によりどこからでも使い慣れたデスクトップを使用することができます。利用者の利便性が向上するだけではなく、セキュリティがサーバ側で一元管理されるため管理者の負担も軽減することが可能です。