Windows10には新機能として「仮想デスクトップ」が搭載されています。仮想デスクトップとは一台のパソコンで複数のデスクトップを使い分けることが出来る機能です。それぞれに別のアプリケーションを立ち上げて作業することができ、一瞬で別のデスクトップに切り替えることが出来るので、沢山のウィンドウを広げて作業するときに混乱を防ぐことが出来るため大変便利です。
多くのウィンドウを広げて作業していると操作ミスで大切な画面を閉じてしまうようなケースもあります。しかし仮想デスクトップを使えばそのようなミスを防ぐことが出来るようになります。
仮想デスクトップはマシンをシャットダウンしても、そのまま維持されリスタートした時にも保持されます。そのため、立ち上げ時にいちいち再設定する必要はありません。

Windows10における「仮想デスクトップ」の使い方

仮想デスクトップとはWindows10から搭載された新機能で、一台のパソコンで複数のデスクトップを使い分けることが出来るものです。
使い方は簡単で、画面下のタスクバーにあるタスクビューをクリックし右下に出る「+新しいデスクトップ」というアイコンをクリックするだけです。新しいデスクトップが立ち上がるので、そこで新しいアプリケーションを立ち上げて作業することが出来ます。
デスクトップを削除するときは、画面下のタスクバーのタスクビューを触る事で一発で削除することが出来ます。デスクトップで開いていたアプリケーションは、そのデスクトップを削除しても開いている別のデスクトップに再表示されるため強制的に閉じられてしまうことはありませんので、間違って仮想ウィンドウを閉じてしまっても安心です。

「仮想デスクトップ」の設定の仕方

仮想デスクトップは、「設定」から細かな設定をすることが可能です。「システム」の「マルチタスク」を開くと、仮想デスクトップの設定が出来るようになり、タスクバーにアプリケーションを表示する範囲と、Alt+Tabキーによってアプリケーションを切り替えるときの範囲を指定することが出来ます。「すべてのデスクトップ」か「使用中のデスクトップのみ」を選ぶ事ができます。仮想デスクトップを利用する場合は、両方とも「全てのデスクトップ」を指定しておくと便利です。
以前は一つのデスクトップでブラウザのEdgeを開いていた状態で、別のデスクトップでもEdgeを開くと、先に開いていたEdgeがアクティブになるという状態が見られましたが、現在は別々に開くことが出来るようになっています。ただし、他のアプリケーションの中には、別のデスクトップでもう一つの窓を開くことが出来ず、先に開いたアプリに移動してしまう状態になるものが見られます。これはデータの整合性を取るための動作と考えられます。