PC画面を使い分けるのに有効な仮想デスクトップとは

PCを使っていると、ダウンロードしたファイルや、作業中のファイルなどをデスクトップに置くことによって、だんだんとデスクトップ画面が狭くなっていきます。ファイルやショートカットの整理をすればよいのかもしれませんが、直ちに必要なものはやはりデスクトップに置いておきたいものです。
そうした際には、仮想デスクトップを利用することが勧められます。仮想デスクトップとは、デスクトップ領域を複数用意し、それらを使い分けることで作業の効率を上げてくれるものです。単純にデスクトップ領域を拡張する目的で使うこともできますが、目的別に複数のデスクトップを用意し、それらをシチュエーションに応じて使い分けるような利用法もあります。仮想デスクトップをうまく使いこなせば、限られたPCの表示領域を拡大して利用できるのです。

仮想デスクトップのうまい活用方法

1台のPCを複数の用途に使うような場合、仮想デスクトップは特に有効に機能します。たとえば、ノートPCを仕事にもプライベートにも使うような場合を考えてみましょう。その場合、1つのデスクトップ画面をPCのシステム管理やメンテナンスに使うことにした上で、ファイルやアプリケーションのショートカットなどについては仕事用の仮想デスクトップとプライベート用の仮想デスクトップを用意し、それぞれに振り分けるのです。
そうすることによって、用途毎に明確にデスクトップを切り替えることができます。その結果、仕事中にうっかりデスクトップ画面を表示した際に、プライベート写真のファイルが並んでいて気まずい思いをするような失敗を防ぐことができます。逆にプライベートな時間には、仕事に関連するファイルを目にすることなくリラックスすることもできるのです。また、WordとExcelを別々のデスクトップに全画面表示し、それらを見比べながら作業することもできるようになります。

Windows10で仮想デスクトップを利用するには

Windowsでは、長らく仮想デスクトップは標準機能に含まれてきませんでした。しかしWindows10になって、この機能が取り入れられています。実際に仮想デスクトップの機能を利用するには、まずタスクバーにあるタスクビューのアイコンをクリックします。すると、画面右下に「新しいデスクトップ」とタイトルが付けられたプラス印が現れるので、それをクリックします。
すると、これまで使ってきたデスクトップとは別に新たなデスクトップが生成され、二つのデスクトップが画面下に並んだ状態になります。そこで新たに加わったデスクトップをクリックすると、ごみ箱以外何も置かれていないデスクトップ画面に移るでしょう。これ以降、タスクビューのボタンをクリックすることで、二つのデスクトップを自由に行き来できるようになります。あとは、アプリケーションのショートカットやファイルを並べることで、望むようにデスクトップを使い分ければよいのです。
このように、仮想デスクトップとは、簡単な操作でPCの画面領域を拡張し、また効果的な使い分けを可能にしてくれるものです。ぜひ利用してみてください。